【次】   【戻る】 
知っておきたい知財判決1
H260401
No タイトル 抜 粋
 1 判定 行政不服審査は不可
 2 新規性喪失の例外 公報の30条適用
 3 公知マイクロフイルム MFも刊行物
 4 特許を受ける権利 特許権持分の移転登録
 5 特許権存続期間延長 医薬品承認の実施不可の期間
 6 アースベルト事件 補償金請求権の再度の警告
 7 後発医薬品事件 権利期間中の製造承認申請薬理試験
 8 単独審決取消訴訟 無効審決に対する単独上訴
 9 リガンド分子 専用権設定後の特許権者の差止請求
10 ウォーキングビーム炉 先使用権の範囲と具体的実施形式
11 通常実施権登録事件 法改正により通常実施権登録制度廃止
12 独占通常実施権 差止は困難だが損害賠償は可能
13 均等論 ボールスプライン5要件
14 効力の及ばない実施 医薬品の品質規格検定確認試験
15 BBS並行輸入事件 並行輸入:国際消尽
16 特許一事不再理 法改正により制度変更
17 メリヤス編機事件 訴訟での新たな主張
18 バレル研磨事件 判決拘束力
19 磁気治療器事件 査定不服審判は固有必要的共同訴訟
20 嗜好食品無効事件 無効審判不成立の上訴は単独可能
 【次】  
【上へ】