知的財産問題 にチャレンジ

知財を学習したからには、「自分力にしたい知財」
常に、「なぜ?」という疑問を持ちましょう。すべてには、理由があるはずです。
関係者間のバランスを取ることで,不公平をなくすことが多いのですが,
偶に,些細な理由もあります。「簡単だから」というものや「雰囲気がいい」などです。


論文形式過去問題  
  司法試験問題  特許法 著作権法
  弁理士試験問題 特実法 意匠法 商標法 著作権法  ★ 260731

 正解は、出題者の意図したものである必要は必ずしもありませんが,その場合,論理的に説得できる記載であることが必要となります。
 出題者の意図した解答,あるいは判決や学説に表れた多数説を採る方が説明は簡単ですみ,説得力も増しますから得点も上がります




その他形式
  1. 著作権100問題 ○×問題
  2. 意匠法の問題23 穴埋め問題<20問>
正解は、出題者の意図したものである必要があります。
正解が自分の考えと違う場合は、意図を納得できるまで考えてください。
それでも納得できない場合には、尋ねてください。
 出題ミスの可能性,又は法改正も無きにしも非ずですから。

    【戻る】