問の【解説】 No.43   平成27年10月27日 著作権法:刑事罰

【問】

 著作権の侵害に関して,著作権を侵害した場合に,刑事罰の適用を受ける場合がある。

【解説】

  【○】 著作権は創作者の独占権であり,社会的制裁を含め刑事罰もある。
著作権法119条

第八章 罰則
第百十九条
 著作権,出版権又は著作隣接権を侵害した者(第三十条第一項(第百二条第一項において準用する場合を含む。第三項において同じ。) に定める私的使用の目的をもつて自ら著作物若しくは実演等の複製を行つた者,第百十三条第三項の規定により著作権若しくは著作隣接権(同条第四項の規定により著作隣接権とみなされる権利を含む。第百二十条の二第三号において同じ。)を侵害する行為とみなされる行為を行つた者,第百十三条第五項の規定により著作権若しくは著作隣接権を侵害する行為とみなされる行為を行つた者又は次項第三号若しくは第四号に掲げる者を除く。)は,十年以下の懲役若しくは千万円以下の罰金に処し,又はこれを併科する。
 
【戻る】   【ホーム】