問の【解説】 No.67   平成27年11月20日 著作権法:同一性保持権

【問】

 同一性保持権は,相続の対象となる。

【解説】

  【×】 同一性保持権は,著作者人格権の一つであり,一身専属であって相続の対象とならない。

(著作者人格権の一身専属性)
第五十九条

 著作者人格権は,著作者の一身に専属し,譲渡することができない。
 

【戻る】   【ホーム】