問の【解説】 No.68   平成27年11月21日 著作権法:保護期間

【問】

 著作者から法人に譲渡された著作権は,著作者の死亡と同時に消滅する。

【解説】

  【×】 著作者が自然人の場合,だれが著作権者であるかに係りなく,著作者の死後50年である。

(保護期間の原則)
第五十一条

 著作権の存続期間は,著作物の創作の時に始まる。
2  著作権は,この節に別段の定めがある場合を除き,著作者の死後(共同著作物にあつては,最終に死亡した著作者の死後。次条第一項において同じ。)五十年を経過するまでの間,存続する。
 

【戻る】   【ホーム】