問の【解説】 No.83   平成27年12月6日 商標法:更新登録

【問】

更新登録の申請は,商標権者でなければ行うことができない。

【解説】

 【○】 使用権者や質権者であっても更新登録の申請はできない。
  商標権者が維持することを望まない商標権については,期間満了により消滅することとなる。
  使用権者が更に続けて使用を希望する場合は,商標権者から権利の譲渡を受けるか,使用権者自ら出願することが考えられる。

  (存続期間)
第十九条

 商標権の存続期間は,設定の登録の日から十年をもつて終了する。
2  商標権の存続期間は,商標権者の更新登録の申請により更新することができる。
3  商標権の存続期間を更新した旨の登録があつたときは,存続期間は,その満了の時に更新されるものとする。
 

【戻る】   【ホーム】