問と解説: 前回 次回  【戻る】  【ホーム】 
No.1414  特許法
【問】
  自社の開発中の製品に関係しそうな他社の特許出願があっても,出願公開の請求をすることはできない。

【解説】 【○】
 出願人は,自分の発明を可能な限り秘密にしておき,その間に改良発明をしたいものであるので,他人が勝手に出願公開の請求をすると改良発明の期間が短くなり,不測の損害を招くこととなる。
 参考:556

(出願公開の請求)
第六十四条の二
 特許出願人は,次に掲げる場合を除き,特許庁長官に,その特許出願について出願公開の請求をすることができる。
【戻る】   【ホーム】
H30.3.4