問と解説: 前回 次回  【戻る】  【ホーム】 
No.1445  特許調査
【問】
  調査に必要な検索ツールである,Dタームとは,意匠分類をさらに細分化,もしくは物品の分野を超えた横断的な調査を可能とするものである。

【解説】 【○】  
  特許の場合は,Fターム検索が文献調査に利用されているように,意匠についてはDターム検索が利用される。
 これは,意匠分類の展開及び分類観点以外の原理,観点によって構築するサーチ用の検索記号で,意匠の形状等の特徴を多観点で記号化し,審査資料を意匠分類とは異なった概念で区分けしている。
【戻る】   【ホーム】
H30.3.20