問と解説: 前回 次回  【戻る】  【ホーム】 
No.1858 特許法
【問】 中級
  特許権に係る実施許諾契約について,通常実施権者が契約内容を履行しない場合において,裁判所に対して,不法行為に基づく損害賠償を請求することができる場合はない。

【解説】  【×】 
  相手の不法行為により損害が生じた場合には,損害を賠償させることができ,相手が賠償しない場合は,裁判所による損害賠償請求を認める判決を得て,相手に賠償させることができる。
参考 Q1186

民法 (不法行為による損害賠償)
第七百九条
 故意又は過失によって他人の権利又は法律上保護される利益を侵害した者は,これによって生じた損害を賠償する責任を負う。
【戻る】   【ホーム】
H30.10.14