【解説】  No.161  特許法:再審 1級

【問】  特許異議の申立てにおける確定した取消決定に対しては,再審を請求することができない。  

【解説】 【×】 27_22 
 重大な瑕疵により国民の権利が不当に害されることは,異議の決定によっても生じることから,再審は認められる。

第七章 再審 (再審の請求) 第百七十一条  
 確定した取消決定及び確定審決に対しては,当事者又は参加人は,再審を請求することができる。
2 民事訴訟法第三百三十八条第一項 及び第二項 並びに第三百三十九条 (再審の事由)の規定は,前項の再審の請求に準用する。  
 
前回の「問と解説」
【戻る】   【ホーム】