問と解説: 前回 次回  【戻る】  【ホーム】 
No.867  特許法
【問】
  特許出願人は,拒絶理由通知の内容を予測して,出願審査請求と同時に意見書を提出することができる。

【解説】 【×】 
  意見書とは,審査官からの拒絶理由通知に対して,出願人が拒絶理由の解消をするために主張する文書であり,出願審査請求する時点では拒絶理由は発せられたおらず,意見書として提出することはできない。
 なお,拒絶理由の内容を予測して,出願人が審査官に考えを伝えるためには,明細書中に記載するか,別途書面として提出する場合は「上申書」の形式になる。

(拒絶理由の通知)
第五十条
 審査官は,拒絶をすべき旨の査定をしようとするときは,特許出願人に対し,拒絶の理由を通知し,相当の期間を指定して,意見書を提出する機会を与えなければならない。ただし,第十七条の二第一項第一号又は第三号に掲げる場合(同項第一号に掲げる場合にあつては,拒絶の理由の通知と併せて次条の規定による通知をした場合に限る。)において,第五十三条第一項の規定による却下の決定をするときは,この限りでない。
【戻る】   【ホーム】
H29.6.6